自走式パレットストレッチ包装機ROBOT S6

概要

あらゆる寸法の積荷を最小スペースで高速ラッピング、自走式のハイエンド機

長年に亘る経験と実績により、今回6世代目の新たに自走式包装機ROBOT S6を開発しました。洗練されたデザインと革新的なテクノロジーを併せ持つROBOT S6は使用場所やパレット寸法を選ばず、ストレッチ包装のあらゆるニーズに応えることができます。
ROBOT S6

特長

1:自走式

コンパクトなデザインにより、最小スペースでの使用が可能です。エッジカウンターシステムを搭載し、どんな形状の包装物、たとえ丸みを帯びた形状にも対応します。また、安全面の配慮も万全です。作業中にオペレーターや障害物に触れると自動ブレーキシステムにより緊急停止、未然に事故を防ぎます。

2:大型タッチパネルによる簡単操作

カラー7インチのタッチパネルを採用し、操作性が格段に向上しました。これによりプログラム簡単かつシンプルに設定することができます。これらの設定は最大で12個のプログラムを保存することができます。

3:日本語表記・タッチパネル式による簡単操作

近年の製品形状の多様化に応えるためにマルチレベルコントロールを開発、ROBOT S6シリーズに搭載しました。これにより各層毎に最適なテンションで処理することができ、最少のフィルムで最大限の効果を引き出すことができます。

4:フィルム消費量削減 / PVSキャリッジ搭載(特許取得)

PVS(Power Prestretch Roll)キャリッジは、最大で400% のプレストレッチが可能です。

お問い合わせはコチラ

2017/10/11