真空圧空成形機用IMLユニットIML-T

概要

「シート成形+IML」による高付加価値を提供します。

今まで射出成形でのみ行われていたIML(インモールドラベリング)を、RDM70KcとIML-Tとを組み合わることで、シート成形でのIMLを可能にしました。シート成形により容器を軽量化させ、バリア特性を付与することができます。
iLLiG IML-T

特徴

1:高い生産能力

射出成形に比べ、サイクルタイムが早い上に取り数が多いので、大ロット生産に最適です。

2 :  フレキシビリティに富み、素早い段替え作業

人間工学を採用したラベルマガジンは多くのラベル形状に対応し、簡単にラベルを供給することができます。

3 : ワンパスで処理

シートとラベルを供給すれば、ワンパスでIML容器の生産が可能です。生産ラインは全てiLLiGから供給、生産ラインが統合されます。

4 : コスト低減

射出成形に比べ容器重量を減らすことができ、原料費や輸送費の削減につながります。また金型本体価格及びその メンテナンスコストを低減できます。

お問い合わせはコチラ

2017/03/21