カッティング機能付(全自動)真空圧空成形機RDM

概要

新しい市場を創り続ける、真空圧空成形機の最高峰モデル

成形とカッティング(抜き)を同時に行うことで、高精度かつ高速運転を可能にしました。RDMシリーズは高精度かつ高速運転の両立させながら、拡張性の高さも兼ね備えています。
iLLiG RDM 70K

特徴

1:「超」深絞りが可能

最大60トンの型締め力(75Kc)が80N/mの圧空成形を可能にし、深絞り加工時においても側面の肉厚の均一化が実現しました。これにより、既存の真空圧空成形機では成し得なかった深型容器や複雑な形状の成形品が可能となり、新しい市場の創造に貢献しています。

2:「成形面積の小型化=高速化+高品質成形」

成形面積を小さくすることで、成形時間を短縮させ、装置の高速稼働を可能にしました。同時に、シート温度の管理を厳密に行えることが高品質の成形の実現に寄与しています。

3:日本語表記・タッチパネル式による簡単操作

各パラメーターはコンピュータ内に保存、いつでも呼び出すことができます。これにより常に同じ条件で生産を行うことができ、スタートアップ時間の短縮や長時間の安定操業が可能です。操作はわかりやすいアイコンで直感的に行うことができます。

4:ランニングコストの低減

押出機と粉砕機(共にオプション)を併用することで、歩留まりを限りなく100%に近づけることができます。特に大ロット生産には絶大なコスト削減に寄与します。シート成形、容器成形、スタッキングまでワンストップで行えるため、最小工数でのオペレーションが可能で、人件費も削減できます。

5:装置兼金型メーカーとしての強み

iLLiG社製金型を導入することで、成形品のデザインや材質に応じて、取り数やキャビティの配置、生産速度を提案することができます。金型納品時には生産に必要な各パラメーターも付属、装置設置後すぐに生産を開始できます(事前にシート材のご提供が必要です)

お問い合わせはコチラ

2017/03/21